食事の改善によるダイエット方法

ダイエットコラム
スポンサーリンク

どんな食事をするかは、どの方法でダイエットをする場合でも、考えるべき優先事柄といえます。

食事による摂取カロリーよりも、消費カロリーが多ければ、必ず体重が減って、痩せることが出来るのです。

ですが【あなたが1日に必要な栄養>摂取する栄養】になってはいけません。

スポンサーリンク

どうやって食事を改善する?

脂質や、肉類を多く含む洋食文化が主流になってきて、日本食特有の低カロリーな献立は減りつつあります。野菜や魚を中心とした日本的な食事は減少して、よりカロリーの高い洋食や中華が増えています。

 

味が濃い方が美味しく感じるのは言うまでもないですが、味つけが濃いと食べる量が多くなったり、油分を多く含む献立になり、食卓が茶色い食品ばかりになってしまいます。質のいいたんぱく質を使った、カロリーの低い食事をすることができれば、ダイエット効果は期待できます。

よく、海外の人が日本に来て日々の食事を日本食だけにしたら激痩せしたと言うのを聞きますね。

 

 

スポンサーリンク

急に和食中心には変えられない

食事は好みもありますから、急に和食中心の食生活に切り替えるのが難しい人もいるでしょう。そんな場合は、

食事のメニューを決める時に、主食となるご飯やパンを多く食べ過ぎないようにすることから始めてみるのもいかがでしょうか?ご飯やパンを減らすことで、糖質の摂取量を減らす効果が期待できます。

痩せるのも大切ですが、その前に太らない食生活を定着させて、まずは摂取するカロリーを適正に保つこと、栄養をバランスよく食べることが大切です。

体重が増す要因の一つとして、食事の分量が多すぎる場合がありますので、確認してみてください。良く分からない場合は、もったいないですが、どのお皿のお料理も最後の一口分残す。これだけでも腹八分目の食生活に一歩近づきます。

 

スポンサーリンク

野菜も意識して取り入れましょう

野菜はカロリーも低く、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養もしっかり摂ることができるので、ダイエットに向いています。ですが、意識して野菜を取り入れるようにしていかないと食卓に野菜が増えることは難しいです。

食事中に噛むことを心がけることに加え、噛み応えのいい野菜類を使った食事にしてみてください。きちんと噛むことは、満腹感を促し、消化も促進します。更に咀嚼回数が増えることで唾液の分泌が促進されて、虫歯予防になるという話もあります。小さい頃に言われた「よく噛んで食べましょう」は大切なことだったんですね。

ダイエット効果を急ぐあまり、野菜サラダなどを低カロリーな食材ばかりを使っていると栄養不足からくるリバウンドになりやすいので、たんぱく質もしっかり摂りましょう。

 

スポンサーリンク

食べ方を改善して健康的に痩せる方法

食事の内容を急に和食中心・野菜中心に変えられない!そんな人の方が多いと思います。実際問題、食卓に野菜を増やすという事はエンゲル係数も上がります。

エンゲル係数 - Wikipedia

そんな場合は、食事の内容はそのままで、食べ方を変えるのはいかがでしょうか?

 

食べ方を変えることで、健康にいい痩せ方を期待することが可能です。具体的な食べ方は、時間をかけてゆっくり食べたり、順番を考えて食べることで痩せるという食べ方が存在します。

普段どおりの食事をしていても、人間の体はコンディションや食べる順番によっても栄養吸収力が違ってきます。さらに細かく見ていくと朝と昼と晩で活発な内臓が違うので、食べる時間帯と食べる種類が大切な場合があります。

痩せるために身体を動かさないなら、頭を使うしかありません。食べ方を変えたり、食べる時間や順番を変えることで、痩せる効果を最大限得られるよう工夫しましょう。

 

スポンサーリンク

深夜の食事はダメです。

夜遅くに食事をすることが痩せるためにはタブーであることは周知の事実となっていますが、それ以外にも注意すべき点があります。

ダイエット時には、食事と食事の間に時間を置いて内臓を休ませる時間を確保することです。朝昼晩の食事の間はちゃんと時間をあけて、何も食べない状態を確保した上で、毎回の食事を摂ります。

ダイエットに取り組んでいる間は、朝昼晩の食事を確保しつつ、食事の時間以外にはつまみ食いをしないようにします。体重増加の度合いを見た場合、間食をしていた人は、カロリー摂取量が同じでも太るリスクが高まります。

 

 

スポンサーリンク

寝ている間もダイエットです。

胃での消化が終わってから眠ることができるように。寝ている間は身体の回復に専念できるようにしましょう。そのためには、夕食は就寝の3時間前に済ませ、それ以後は物を食べないようにします。

食事の摂取カロリー量や栄養バランスは、よく話題になりますが、食事と食事の間にも気を付けることでダイエットがスムーズに運びます。

食事そのものだけでなく食間にも気を付けることで、より効果的に痩せるダイエットにしていきましょう。

スポンサーリンク

編集後記

食事を制限するより、きちんと噛む。これが大切なんじゃないかと感じています。30回噛むまで飲み込まない。こうするだけで、自然と今までの食事量を食べれなくなってきます。

食べる量は減りますが、満腹感は今までと変わりません。

コメント