肩甲骨ダイエットで脂肪を燃焼させる効果は?

ダイエットコラム
スポンサーリンク

肩甲骨はがしって効くの?と、パーソナルトレーニングで聞かれることが多いので今日は肩甲骨ネタです。肩甲骨がスムーズに動くのはとても重要です。

スポーツ選手はパフォーマンスの大幅向上。ダイエットを考えている人にはダイエットが更に加速する。

良いことばかりの肩甲骨ダイエットです。自宅で出来る方法などをシェアしていきます。

スポンサーリンク

肩甲骨ダイエット

肩甲骨ダイエットは、簡単に実践できて効果を感じやすい方法なので、誰でも気軽に出来るダイエットとして人気があります。肩甲骨の付近に多数ある褐色脂肪細胞を活発にすることによって、脂肪を燃焼させ痩せることが出来る方法となっています。

肩甲骨ダイエットの方法はとても簡単で、肩甲骨を動かすストレッチを行うだけなので、初心者でもすぐに実践できます。

肩甲骨ダイエットを今日初めて明日痩せるような即効性はありませんが、肩甲骨ダイエットを続けることで褐色脂肪細胞がみるみる脂肪を溶かしてくれます。

褐色脂肪細胞は燃費の悪い筋肉と考えていいです。

燃費の悪い筋肉が増える>基礎代謝が上がる>ちょっとした運動でも、とてもカロリーを消費する身体になる。

これ、とっても嬉しい身体だと思いません?

肩甲骨ダイエットの方法

肩甲骨ダイエットには色々な方法がありますが、一番簡単で実践しやすいな方法は、肩をすくめて(肩を耳に近づけて)落とすという運動です。

肩をすくめてという表現をすると肩を動かすのかな?と思いますが肩甲骨ダイエットなので肩甲骨を動かします。肩甲骨の筋肉を使って肩を上下に動かすようなイメージで、毎日10回ずつ肩を上げたり下げたりがノルマです。

肩甲骨ダイエットでは、両腕を出来るだけ高くゆっくり上げて、腕を上げきったらゆっくり下に下げるという運動を繰り返すことでも、実践することができます。

肩甲骨ダイエットは道具を使わずに座りながらでもできる運動なので、デスクワークの最中などでも簡単に行えるので、少し意識すれば朝・昼・夕と運動の回数を増やすことができます。

肩甲骨を動かしていないとその部分が固くなってしまい、褐色脂肪細胞の働きが少なくなり痩せにくい身体になってしまいます。この肩甲骨運動を続けて行っていくと最初は筋肉痛になる人もいますが、この筋肉痛は長年使っていなかった筋肉を久々に動かしたことによる筋肉痛なので避けることが出来ません。

もし筋肉痛になってしまった場合は、たんぱく質を含む食事を心がけ筋肉痛が治ってくれるのを待ちましょう。筋肉痛の間でも、この肩甲骨ダイエットは続けてください。1日でもやらない日があると、そこからずっとやらなくなってしまいます。

 

肩甲骨ダイエットの嬉しいオマケ?

また、筋肉がほぐれるため背中や肩周りの血行がよくなる場合が多いです。肩甲骨周辺の筋肉が柔らかくなるということは、背中の筋肉が柔らかくなったと同じような意味です。背中の筋肉と肩の筋肉は繋がっていますから、肩こりの解消も期待できます。

肩こりが緩和されてくると、頭痛も無くなったという人が多いので肩甲骨ダイエットは痩せるだけでなく色々なオマケが期待できます。

普段から十分な運動量を確保でいている人は少ないので、ほとんどの人が運動不足に当てはまりますが、あなたは運動量足りていますか?

あまり運動をしていない人の場合は、肩甲骨を動かすことも少ないので、肩甲骨ダイエットをすこし実践しただけでも身体の変化に気づくと思います。

どんな変化でしょう?

運動した翌日に筋肉痛として感じるかもしれないし、洋服を着る際に肩の動きがとても軽いかもしれないし、褐色脂肪細胞が脂肪を燃やしてくれて身体がポカポカ暖かいかもしれないし。感じる効果は人それぞれです。

他にも嬉しい効果が期待でき、猫背が気になっている人は肩甲骨ダイエットは姿勢矯正効果も期待できるとされています。背筋が柔らかくなるのと胸筋の緊張も取れるので猫背解消も目指せます。更に姿勢美人を目指すなら、腹筋の使い方を脳に思い出させたいですが、肩甲骨ダイエットから大きく話がそれるので割愛します。

 

肩甲骨ダイエットの注意点

肩甲骨ダイエットは、即効性がある方法ではありませんが、道具を必要としない/運動をするための場所を広く確保する必要がない/ダイエット以外のオマケも期待できる。などなど、メリットがたくさんです。

ですが、筋肉が硬いのには運動不足以外の理由があるかもしれません。筋肉が硬くなる原因を放置したまま筋肉のストレッチだけしていては一生筋肉のストレッチを続けなければいけません。筋肉が硬くなる原因には何もしていないんだから当然です。

また、すぐに痩せたい!夏までに痩せたい!友人の結婚式までには痩せたい!という人は、肩甲骨のストレッチだけでなく、別な運動もしましょう。

 

 

コメント