半身浴ダイエットのメリットと注意点

ダイエットコラム
スポンサーリンク

半身浴でたくさん汗をかいてダイエット。痩せたような気がするけど、お風呂上りにお水をたくさん飲んだら減った体重が元に戻っちゃう?

手軽に行えるから人気の半身浴ダイエットって、実際のところダイエット効果はどうなんでしょう?

スポンサーリンク

半身浴ダイエット

日本人は遠い昔から入浴をして身体を温めたり、汚れを落としてさっぱりすることを一般的な行為としていました。入浴にはダイエットの効果もあるとされていますが、身体の脂肪を分解するには、42℃ほどの熱いお湯に入っているのが条件になります。

ダイエットをしたいといっても、お風呂で熱いお湯に入っていると、湯あたりの原因になるなど、身体への負担も考慮しなければいけません。

運動しなくていい!半身浴ダイエット!

ダイエットのためにぬるめのお湯でお風呂にじっくりつかるという、半身浴を実践している(していた)人も多いのではないでしょうか?

時間をかけてお湯につかることで、全身がぽかぽかに温まります。ぬるめのお湯に時間をかけてつかることで、筋肉が緩み血管の圧迫を和らげ、水の重み(水圧)が身体全体を着圧靴下のように適度に圧迫して血液の流れを良くし、脂肪燃焼率を高めます。

身体が冷えやすいと体脂肪が蓄積しやすくなるだけではなく、免疫力の低下など様々なデメリットが身体にあります。

女性は身体の冷えが、下半身ではウエスト回りに脂肪がつきやすい状態・上半身では肩甲骨周りの血流が悪くなり肩こりの原因をつくります。

脚痩せは多くの女性に課題ですから、ウエストから下半身にかけて脂肪が増えないように、半身浴で身体をじっくり温めるの検討してみてもいいかもしれません。

 

半身浴で痩せるなら、お風呂で読書をしようか?

辛い運動をしなくて痩せるかもしれないなら、お風呂に長い時間入って半身浴をすればとっても痩せるってことじゃない?

そう思うのは自然なことです。あなたはそう思いましたか?

あまり長い時間お湯に浸かっていると体力を消耗します。旅館に着くとお部屋のテーブルにお茶とお茶菓子が置いてあるのを思い出せますか?あれって、昔からの習慣で
「歩いて宿に来て体力を消耗した状態でお風呂に入られると、湯あたり等の事故の元だから、お風呂に入る前に何か食べて体力をつけてね。」
という意味があるようです。今は旅館には電車や自動車で行くでしょうから、お風呂の前の腹ごしらえも必要なさそうです。

 

半身浴ダイエットのカロリー消費は?

 

体力を消耗するというのは痩せるという事だから、どんどん半身浴していこう!と、ますます期待が高まります。が、ちょっと待って!
先ほどの旅館とお風呂の話しではありませんが、半身浴での体力消費はお饅頭1個分位かもしれません。

また、ダイエットのための半身浴なら30分ぐらいが適当と言われています。これを300分半身浴したからと言って10倍のダイエット効果かというと残念ながら違います。30分の半身浴が10のダイエット効果だとすると、300分の半身浴は12くらいのダイエット効果でしょう。

半身浴の時間を増やしたからといって、半身浴の時間に比例して半身浴ダイエットの効果が高まる訳ではないという事です。半身浴は30分くらいで切り上げて、違う時間で“正しい”スクワットでもした方が、よりダイエット効果が期待できます。

 

半身浴を避けた方がいい時期は?

女性の場合は、生理中で本調子じゃない時/風邪気味などで具合がよくない時/残業が続いて疲労が蓄積している時/こんな感じの身体が本調子ではない状態では半身浴は避けたほうが無難です。

また、半身浴ダイエットの時間帯ですが食事の直後に半身浴を行うのではなく、食休みの時間を少しとって、胃の消化活動が一段落してから入浴します。

食事で胃に入ってきた食物が腸に押し出されるまで、30分から60分ほどと言われていますので、食後の半身浴には30分ほど時間を空けるのが望ましいでしょう。お皿を片づけたり、テーブルを拭いていたりしてるうちに、この食後時間は過ぎていきそうですね。

 

半身浴は汗をかきます

半身浴ダイエットでは、水分の補給が大切です。半身浴で汗をかくにしても、材料になる水分が無いと汗が出てきません。

半身浴前に充分な水分補給→半身浴で汗をかく。この水分の代謝が半身浴ダイエットのデトックス効果と言われているところではないでしょうか?

半身浴前や、半身浴をしている時に、水分補給ができるようにしておいて、汗をかいても体水分量が不足して脱水にならないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

編集後記

水分の代謝という事は、身体の細胞が持っている水分を細胞外に出すから、汗として水分が身体の外に出てきます。これは、細胞壁を水分が通り抜けるという事です。

この時にどのような塩分が細胞壁を通り抜けるかが重要です。

化学塩は細胞壁を壊すと言われています。細胞壁を壊す→細胞が水分をうまく保持できない→高血圧。こんな感じです。

お塩が悪者になっていますが、身体の細胞内は海と同じ塩分濃度なんて言われています。お塩がダメなんじゃなくて塩化ナトリウムがダメなんです。

天然のお塩を探すには、お塩の製造方法に「天日」や「平釜」や「焼成」と記載されているか確認しましょう。それ以外が記載されていたら、一旦考えましょう。

個人的にオススメなのは、このお塩です。

コメント