プチ断食は手軽で人気のダイエット方法

ダイエットコラム
スポンサーリンク

プチ断食ダイエットとは、短期間の食事制限によって痩身効果を期待できます。脂肪を燃やすために、カロリー摂取を中断させるのとは違います。

体の中に蓄積されていた有害な物質や排出しきれていない溜まった便を排出し、内臓の消化活動をしばらく休めることで体調を整える意図があります。

スポンサーリンク

プチ断食ダイエットの方法

どんなプチ断食ダイエットのやり方があるのでしょう?何通りかあります。

朝は食べて、昼食と夕食は食べない半日間の断食/土日に食べない週末断食などがあります。

いろいろとプチ断食ダイエットの中身もあるようで、砂糖水だけのプチ断食や水のみ摂取するプチ断食の方法もあるといいます。

スムージーは良しとするプチ断食もあり、何をもってプチ断食と定義するのが難しいぐらい豊富な種類があります。

気軽にできるプチ断食ですが、あまりの種類の多さに迷ってしまい、結局やらずじまい。

こんな人も多いのではないでしょうか?簡単にプチ断食の手順を解説していきます。

プチ断食の基本的な手順は固形物を体の中に入れず、内臓器官を休ませることが大事です。内臓が固形物を消化する負担を無くしてあげようという目的です。

スポンサーリンク

プチ断食ダイエットの注意点

プチ断食ダイエットができるのは、基本的に健康状態が良い人のみです。

プチ断食ダイエットができない人は、病気療養中の人、下痢をしていて消化能力が落ち気味の人、疲れが溜まっている人などです。このような身体の状態でプチ断食ダイエットを行うと身体を壊してしまう恐れがありますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

プチ断食ダイエットまとめ

いきなり断食を行うのではなく、朝食から固形物を無くすようにしてみてはいかがですか?

今まで固形物で朝食を摂っていた人が、食事内容が変わりスムージーのような食事に切り替わると最初は違和感が強いかもしれませんが、今までの習慣を変えていくには“最低“21日間”の継続が必要です。

 

スポンサーリンク

断食を利用したダイエットの方法では?

今度はプチ断食ではなく、断食です。

プチ断食が1週間くらい続いた人は、よりスリムな体型になる為に、次は本格的に断食ダイエットへ進むことが多いですが、ここで注意が必要です。

断食というと何も食べない行為を想像する人が大多数ですが、3色とも固形物を食べないように実践していきましょう。

何も食べないと筋肉が無くなって痩せない身体が出来上がってしまいます。

スポンサーリンク

ファスティングとの違いは?

ファスティングダイエットという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。断食を英語でファスティングといいます。

ここでは、断食をダイエットではなくデトックスとして見ていきましょう。

ただ痩せるのではなく綺麗に痩せるために、ダイエットと切っても切れない関係にあるのがデトックスです。体の中に残っている水分や老廃物を追い出してスッキリすることをデトックスと呼びます。

現代人は普通に食事しているようでも、実は暴飲暴食気味であり、過食の傾向があるのです。胃腸機能は消化のために常時稼働していて、たまには内臓を休ませたほうがいいという状況になっている人もいます。

内臓を休ませる期間は短く平均すると3日程度で大丈夫です。決めた期間は固形物を食べないで代わりにドリンク系の食事によって栄養を摂取する方法です。これにより、体の中に留まっていた不要なものを追い出せて、胃腸に仕事をしない時間を与え、ゆっくり休ませることが目的です。

得られるメリットは

腸にたまった宿便が出る/肌がつやつやになる/などメリットがたくさんです。更に何日間か消化器を固形物の分解に使わなかったことで、胃が小さくなり、以前より少量の食事で満腹できるようになるとも言われています。

お腹がいっぱいになった感じを早く得られると言われ、以後のダイエットも進めやすくなるそうです。

 

スポンサーリンク

編集後記

断食(ファスティング)で痩せるんでしょ?と、毎日のように聞かれた時期がありましたが、断食で胃が小さくなるのを期待するには3か月は断食を続けないといけないかもしれません。

これは、人間にはホメオスタシス(恒常性)があるためです。

諸説ありますが、日本人はもともと1日2色の民族です。一部3色食べていた人もいますが、それは農家さんです。日の出とともに畑作業をして7時くらいに朝ご飯を食べるなら良いと思いますが、現代人は違います。そんなに朝早くから作業していません。

ここ60~70年の間に1日2食から1日3食へと変わっていったのは、どんな理由があるのでしょう?

西洋でも1日3食になったのは、ここ200年くらいのようです。

1日3食になったのは照明器具(照明用油)が発達して1日の稼働時間が増えたから2食では足りなくなり、3色になったという説もありますが、今は文明の利器があり昔ほど身体を動かす必要が無くなったため、やはり1日2食で足りそうです。

 

コメント